バニラスカイに溶けた

アイドルは劇薬だと思うんだ。

ジャニーズ楽曲大賞2018に投票しました

自分が投票した結果。

 

楽曲部門 1位 「カラクリだらけのテンダネス」 Sexy Zone

初見で名曲が来たとビビっときて、シングルも買ったのでこちらに投票。ダンスも好きだけど、楽曲の良さでCDを買ったのが2018年この曲だけだったから。MVがすっぴんとリンクしてる仕掛けも良き。

楽曲部門 2位 「REAL ME」 Kis-My-Ft2

どうしてもモノクロペンキべたべたパフォーマンスの印象が強いけど、楽曲単体で見ても好きだったので。キスマイの、なんだかよく分からないけど強そうで勢いがある系統の曲好きなんだけど(ファイヤビ、Hair、エタマイ、Tonight等)、今年はそれがあまりなくて、強いて挙げるとしたらこれかなあと。

楽曲部門 3位 「名脇役Sexy Zone

セクゾの今回のアルバムはどれも名曲揃いだと思うんだけど、個人的に刺さったのがこれ。誰からもチヤホヤされて人気者のアイドルである彼らが、選ばれなかった側の気持ちの曲を歌うというのが良いなあと思った。

楽曲部門 4位 「シンデレラガール」 King & Prince

今年といえばこの曲。今更すぎるけど、ようやくデビューおめでというという気持ちが湧いてきたこの頃。

楽曲部門 5位 「Luv Manifesto - 」 Sexy Zone

イントロが天才。楽曲の良さ然り、メンバーのバランス然り、ユニット曲としての完成度が高いと思った。好みの問題だろうけどセクゾは良曲に恵まれている。

未音源化部門 1位 「Happy Groovy」 Travis Japan

夢ハリもDWMも披露時に正式にトラジャのオリ曲といえなかったから、横アリで3曲目の新曲であることを本人たちの口から聞けたのが嬉しかった。楽曲を貰えた嬉しさと、その後にペンラ芸やコールが加わって、楽曲が育っていく嬉しさを感じられた一曲。

未音源化部門 2位 「だぁ~くねすどらごん(メンバー紹介ラップ)」 HiHi Jets

詞のクオリティが高く、観客も楽しめるパフォーマンスを、当時15歳の猪狩さんが考えたという事実。猪狩さんの才能に完敗。「1人じゃないから複数形」はHiHiそのものを表してる。

未音源化部門 3位 「babygone」 HiHi Jets

イントロがオシャレで高まる。パフォーマンスの完成度としてはまだまだ成長できると思うから、期待の意味も込めて。

MV部門 「シンデレラガール」 King & Prince

顔が良いなあ、お金がかかっているなあ、デビューとはこういうことなのだということを実感した。

コンビ部門 井上瑞稀橋本涼

自分がWカイトでもなく、のえしめでもなく、ましてやトラジャ以外のユニットのコンビを選ぶだなんて誰が予想できただろうか。それくらい10月以降突如HiHiの魅力に転げ落ちて、このタイミングで改めてはしみずの尊さに気づいてしまった。2人が高校生でいる時間があと数ヶ月という尊さ。気付くのに間に合ってよかったのかな。

現場部門 該当なし

トラジャ単独横アリとサマパラといま生きで悩んだけれど、結局空欄で提出してしまった。トラジャ単独横アリとサマパラはどちらも良かったんだけど、同時にもう少し詰められたんじゃないかと思う部分も感じて。一昨年のキントレトラジャ単独と比べてしまうとどうしても熱量が、ね。そういう意味では2018年一番楽しかった現場はいま生きなんだけど、いま生きの楽しさってジャニヲタというよりは、にわか演劇オタクとしての楽しさだから、ジャニの現場という意味だとまた違うと思って。

担当アンケート 宮近海斗

今年の3月で担当になって2年、宮近担3年目になるのだけど。もうすぐ元担の担当だった期間を宮近くんの担当でいる期間が抜かすのだと思うと、それだけ遠くに来てしまったんだと思ったり。好きな気持ちは永遠じゃないし、いつ何が起こるか分からないけど、宮近くんに対する信頼は揺るがないし、これからも好きでいたいし、好きだという気持ちを大事にオタク続けたい。