バニラスカイに溶けた

アイドルは劇薬だと思うんだ。

ハロオタに勧めたいTravis Japanの魅力

果たしてこのブログがハロオタの方に届くかどうか分からないのですが、自己満として書きたいと思います。

私は現在、ハロプロTravis Japanの掛け持ちのオタクをしています。掛け持ちといっても、行きたい時に現場に行く程度のゆるいオタクです。

何故この2つのジャンルが好きなのかということを考えていくうちに、共通して惹かれるものがあるからだと気が付きました。そこで、ハロプロが好きだという人に、是非ジャニーズJr.のTravis Japanの魅力を知って欲しいのです。

 

 

 

 

ジャニーズJr.とは

 ハロプロで例えると、ハロプロ研修生とほぼ同じだと思ってください。現在、ハロプロ研修生にグループはありませんが、ジャニーズJr.には幾つかグループがあって、最近は主にグループごとに先輩のコンサートや舞台のバックダンサー(帯同)についてます。もちろん、グループから数名選抜されてバックにつくこともあります。℃-uteコンの研修生の帯同を想像してもらえれば良いかと思います。
ハロプロの場合、帯同についた研修生はオープニングアクトで数曲披露することができますが、ジャニーズの場合はそれがありません。コンサートによってはJr.コーナーといって、Jr.だけがステージに立つ時間があるものもありますが、必ずあるという訳ではありません。その代わり、Jr.の番組である少年倶楽部の収録(後程説明します)や、Jr.がメインのコンサート(ジャニーズ銀座やサマステ等)で曲を披露しています。これらはグループ単位の研修生発表会だと思ってもらえれば良いかと思います。
以上が、主な活動です。

  

Travis Japanとは

 Travis Japan(通称:トラジャ)とはジャニーズJr.内のグループの1つです。マイケルジャクソンの振付師であるトラビスペイン氏によって選ばれた、ダンス選抜グループです。2012年、少年隊から引き継がれて今井翼くんが主演だった、PLAYZONEという舞台をきっかけに結成されます。
ちなみに2010年~2011年は、現在グループ内で兄組という括りにあたるメンバーがJR.A*1というグループを組んでいました。弟組が増員されて、Travis Japanというグループになります。
ハロオタに分かりやすく説明すると、スマイレージが増員されてアンジュルムになった、という感覚だと思ってもらえればいいかと思います。人数も時期によって変わっているので、気になった人はさらっとWikipediaか何かで調べてください。話すと長くなるのでここでは割愛します。

 

Travis Japanの魅力 

①パフォーマンス力の高さ

 私がハロプロを好きな理由の1つがこれです。ハロプロって分かりやすく体育会系というか、歌もダンスも手を抜かないところが同性としてかっこいいなあと思うんですけど。女の子のアイドルって、可愛い衣装を着て可愛く歌ったり踊ったりするのが普通だと思うし、ハロプロにもその要素はあると思うんですけど、でもそれとは別に、見てて圧倒されるくらいの熱量があるパフォーマンスが売りだと思うんです。トラジャも見てて近いなあと思います。かっこいい雰囲気だけで誤魔化さずに、スキルの高いパフォーマンスで見てる人を圧倒させるような。
ダンス選抜グループというだけあって、一番の魅力はダンスです。全体的に見ると振りが揃っていますが、一人一人見るとそれぞれの癖というか、表現に個性が見えます。この人は力強く大胆に踊るのが得意だとか、この人は繊細な表現が上手いとか。メンバー自身で振付を考えてることも多いので、人によって振付の個性を見るのも楽しいかと思います。また、振りの他にも、フォーメーションの多様さも魅力の1つです。2階席から見ると、くるくる変わるフォーメーションを楽しむことができるのは、ハロプロのパフォーマンスに通じるものがあると思います。
最近は歌に関してもかなり力を入れてます。トラジャで曲を披露する時の歌割りって、全員もしくは数人でユニゾンで繋ぐのではなく、一人一人細かくパート割があることが多いです。だから一人一人の歌声がはっきり聞こえます。ハローもこの点は似てると思います。ユニゾンも悪くないけど、一人一人の声が聞こえるのって、やっぱり見てて楽しいなあと思います。

  

②メンバーが個性豊か

 これって別にトラジャに限った話じゃないと思うのですが、一人一人を紹介したいので、あえて項目として書きます。

 

f:id:kitty_38t:20170821220642j:plain

川島如恵留(かわしま のえる)
1994年11月22日生
メンバーカラー:赤
グループ最年長。トラジャの頭脳でまとめ役。今年3月に某有名私大を卒業しました。四季出身というだけあって、よく通る澄んだ歌声と、羽でも生えてるかと思うくらい軽やかに宙を舞うアクロバットが持ち味。自作の曲を作ったり、曲と曲のリミックスを作ったり、音響の面でもグループを支えています。メンバー愛に溢れた優しい人。パソコンの壁紙がメンバーとの写真だったり、グループのグッズのシールを自前のタンブラーに貼っていたり。
ハローで例えるなら山木梨沙ちゃん。年長でしっかり者で、周りから頼りにされてる部分が似てるなあと思います。あと、尊敬する先輩がA.B.C-Zの塚田くんなのですが、楽屋に塚田くんの祭壇を作ってしまう程。先輩を尊敬する熱い気持ちは、さゆを尊敬する山木さんと似てる気がします。

 

f:id:kitty_38t:20170821220746j:plain

七五三掛龍也(しめかけ りゅうや)
1995年6月23日生
メンバーカラー:ピンク
愛称はしめちゃん。ほんわかしている不思議ちゃん。生まれ変わったら天使になって魔法の粉をちょちょいょと振りまきたいと話していた過去があります(笑)*2背が小さくて可愛らしいルックスに対して、男らしくガツガツしたダンスが特徴。真面目で頑固で芯が通った考えの持ち主でストイック。なのに喋るとふわふわしてて思考がぶっとんでるというギャップが可愛い人。気になった先輩がいれば、自分から話しかけに行って仲良くなってしまうという積極さも魅力。(嵐の相葉くんやNEWSの手越くんとご飯に行ったと話していました。)
ハローで例えるなら森戸知沙希ちゃん。可愛らしい見た目で内に熱いものを秘めてるところが似てると思います。それと、ちぃちゃんは栃木出身、しめちゃんは茨城出身ということで、地方出身という点でも近いかと。

 

f:id:kitty_38t:20170821221039j:plain

森田美勇人(もりた みゅうと)
1995年10月31日生
メンバーカラー:白
脚が長い人。手足の長さを生かしたダンスパフォーマンスが持ち味。トラジャのパフォーマンスの振付を担当することも多いです。今年の冬にLAでダンス留学していました。Jr.の別のグループのLove-tuneと掛け持ちしてます。故に仕事量が多いです。地方のライブハウスを回って220公演ライブするくらい忙しいんじゃないかと思います(笑)それでも決して弱音を吐かない強い人。喋るとポンコツでビビりというギャップも可愛らしい。本人曰く「笑い声がイルカの鳴き声に似てる」らしいです。
ハローで例えるなら、迷ったけど植村あかりちゃんかなと。なんとなく雰囲気ですが。グループ最年少で周りから可愛がられていたけど、新メンバー2人が入ってからお姉さんになったあーりーが、兄組で一番年下だったのに、弟組が入ってからお兄ちゃんとして接するようになったみゅうとと重なるような気がします。あと、華があって存在感があるところも似てるかなと。

 

f:id:kitty_38t:20170821221134j:plain

吉澤閑也(よしざわ しずや)
1995年8月10日生
メンバーカラー:青
愛称はしーくん。みゅうとより少しだけ年上だけど弟組です。中間管理職みたいな存在。ダンスの振りが分からなくなったらしーくんを見ればいいというくらい、基本に忠実なダンスが特徴。可愛らしい顔に対して体つきがしっかりしてて、アクロバットの土台担当もやってます。最近では単独公演のライティングを考えた多才な人。本人は毒舌キャラを目指してるらしいけど、私はツンデレキャラだと思っています(笑)人混みが苦手だから遊園地に行きたくない、けれど誘ってくれなきゃ寂しい、みたいな。そんな人間味があるところが可愛らしい。
ハローで例えるなら…、これも迷ったけど、野中美希ちゃんかな。素朴な可愛らしさがあるところが似てる気がします。あと、割と色々なことに巻き込まれがちなところも似てるかなと思います。卒メンになっちゃうけど、陰で支えるポジションという意味では、鈴木香音ちゃんにも近いかも。

 

 

f:id:kitty_38t:20170821221301j:plain

中村海人(なかむら かいと)
1997年4月15日生
メンバーカラー:緑
トラジャのカイトの1人目。愛称はうみんちゅ。あっさりした塩顔で、スタイルが良くて、ほんわかした雰囲気を纏ってる人。甘えん坊で、常にメンバーの誰かにくっついています。「人のお金で食べるご飯は美味い」という発言でオタクをざわつかせたヒモ感の持ち主です(笑)食べることが大好きで、楽屋では常に何か食べているとかいないとか。パフォーマンスでは手足の長さを生かしたダイナミックなダンスと、まだまだ発展途上だけどよく通る歌声が持ち味。誰からも愛されるキャラクターです。
ハローで例えるなら和田桜子ちゃん。単純に顔が似てると思ったので(笑)それと、背が高くてスタイルがいいところ、常にメンバーの誰かにくっついてるところも近いかなと。穏やかな性格で癒し系なところも似てると思います。

 

f:id:kitty_38t:20170821221335j:plain

宮近海斗(みやちか かいと)
1997年9月22日生
メンバーカラー:オレンジ
トラジャのカイトの2人目。愛称はちゃかちゃん。くりっとした大きなタレ目と白い肌、小柄だけど動きが大きいダンスが特徴。表現力がずば抜けていて、ちゃかちゃんが踊っていると、ミュージカルを見ているかのような感覚になります。明るい性格でよくしゃべるから、MCを任されることも多いです。ロマンチストで言葉選びが面白い人。たまに言葉が出てこなくて日本語がたどたどしくなるところも可愛い。ちゃかちゃんが作る振付は、遊び心があって可愛いものが多いなあという印象。責任感があって、トラジャのことをよく考えている人だとも思います。
ハローで例えるなら石田亜佑美ちゃん。小柄なところとキレキレのダンスが似てると思います。あと、感情表現が豊かで、繊細なところも似てるかと。MCでついついボケたくなってしまうところも近いと思います。

 

f:id:kitty_38t:20170821221416j:plain

梶山朝日(かじやま あさひ)
1998年11月9日生
メンバーカラー:紫
こう見えて最年少です。トラジャの切り込み隊長的なポジションの人。視線泥棒と言われるくらいのパワフルなダンスと、表情が豊かなところが持ち味。全力で楽しそうにパフォーマンスする姿が印象的。歌声はアイドルらしい高めのキーの声。意外とMC能力もあるんじゃないかと思います。チャレンジ精神旺盛で、弟組で一番最初にバク転を習得しました。笑うと白い歯がニカっと見えるところが可愛い。岡山出身で、話すとたまに訛りが出ます。とにかくパフォーマンスで目立つので、他のグループのファンからも「あの子誰だろう?」と言われることも多いです。
ハローで例えるなら室田瑞希ちゃん。色黒でギャル(ヤンキー)らしい見た目とパワフルなダンスが似てると思います。2人とも、視線泥棒という言葉がぴったり。自分のことを見て欲しい、という圧がすごくて、推しじゃないのについ視界に入ってしまう、そんな人です(笑)

 

③メンバー同士の関係性

 現在、数多くのJr.のグループがある中で、トラジャは昔からある、歴史のあるグループの一つだと思います。毎年PLAYZONEという舞台をやっていたことで、同じ苦楽を共有してきたからこその空気感があります。規模は違うけど、ハロプロでいうとベリキューのような。年齢はバラバラだけど、全員が幼馴染みたいに感じられる。そんな程よい距離感が魅力の一つだと思います。
PLAYZONE以降は更にグループでの活動が増えて、メンバー同士の距離感も縮まったと思います。雑誌の対談では毎回トンチキな会話が繰り広げられているので、読んでみてください。
もちろんプライベートでもメンバー同士仲が良くて、オフの日に遊んだというエピソードが話されることも多いのですが、個人的にはトラジャの“仕事仲間”という関係性が好きです。一緒にいいパフォーマンスをしようと切磋琢磨する、苦手な部分は得意な人が教えてあげる、といったところも、ハロプロに近いなあと思います。今まで苦手だったものができるようになっていく、その成長過程を感じられるところが魅力です。これはトラジャに限ったことじゃないですが、特にトラジャはこれが分かりやすいなと個人的に思います。

 

トラジャのことが気になったあなたへお勧めしたいコンテンツ

 いろんな番組や映像作品に出演しているので、どれから見たらいいのか分からないという方の為に、個人的に勧めたい映像作品を5つ選んでみました。

 

 ★さよなら!~青山劇場★PLAYZONE 30YEARS★1232公演

 Travis Japanの原点でもある舞台PLAYZONEです。古い順から見て成長を感じるのも良し、新しい順から歴史を辿るのも良し。どれもおすすめなのですが、個人的には最後の年である2015年のDVDをおすすめします。Travis Japanで歌っている「どうなってもいい~It's BAD」を是非見て頂きたいです。特典映像で楽屋裏の思い出トークも入っています。

 

YOUは何しに?タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ

 先輩のコンサートのバックについているものは多いのですが、おそらく一番映りこんでいると思うのがこちら。可愛い曲からかっこいい曲まで、様々な表情を楽しめるかと思います。途中、しーくんが構成を担当したTravis Japanコーナーも収録されています。個人的にこのコンサート、ブルーレイが発売されているのが嬉しかったりします。*3

 

ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAR!!~

 先輩であるA.B.C-Zの舞台にバックとしてついています。ただのバックダンサーではなく、一人一人名前のある役を貰っているので、演技も楽しむことができます。将棋ミュージカルということで、踊る場面もたくさんあります。個人的な見所は、後半にある殺陣のシーン。と、ここまで説明したところで、見たことがない人はストーリーが全く掴めないかと思いますが、そこは是非DVDを見てお楽しみください。

 

ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?初回限定盤特典収録

ARASHI "Japonism Show" in ARENA

 本編ではなく特典映像です。このアリーナツアーの前年に行われたドームツアーにもバックとしてついていましたが、個人的なおすすめはアリーナツアーの方。美勇人くんはアリーナツアーのみ参加しています。出番はあまり多くないのですが、演出が豪華で見ごたえがあります。櫻井くんのソロ曲にはトラジャ全員でバックについています。

 

YOLO moment(初回盤A)

 中山優馬くんのソロ曲のMVにトラジャが出演しています。優馬くんの後ろで、バーベキューを楽しんだり、バスケで遊んだり、ツリーハウスに登ったり、楽しそうな姿を見ることができます。ボリュームの薄いDVDマガジンだと思ってもらえると分かりやすいかと思います。

 

そして最後に、テレビ番組ですが「NHK-BSプレミアム ザ・少年倶楽部」(金曜18時~)に出演しています。毎回トラジャのパフォーマンスが見られるという訳じゃないのですが、トラジャ以外のJr.もこの機会に見て興味を持ってもらえたら嬉しいと思います。

 

以上、長々とお付き合い頂きありがとうございました。

*1:2010年はS.A.Dという名前でした

*2:気になった方は「滝チャンネル トラジャランキング」で調べてください。

*3:プレゾンはDVDしか発売されていません。