読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バニラスカイに溶けた

アイドルは劇薬だと思うんだ。

君の背中に未来を託したい

アイドルの仲田拡輝くんの担当を降りることにした。その、長い言い訳。

 

ジャニヲタにおける担当の定義とはなんだろう、と考えてみた。拡輝の担当になったきっかけは一目惚れで、頭で考えるより先に感覚で担当にしたいと決めた。視界に入った瞬間から、好きだと確信した。だから、担当とは何なのかを考える隙がなかった。自分の担当は拡輝しかいないと思っていたから。

拡輝がいなくなった今でも、ジャニーズで好きな人は沢山いる。「好き」と言葉にするのは簡単だけど、その人の性格や考え方、歌やダンスやお芝居などのパフォーマンス、これから頑張ってほしいという情など、好きだと思うには様々な要因がある。

拡輝がいなくなったら綺麗さっぱりジャニヲタから離れることも考えたが、実際は完全には離れることができないでいる。それは、トラジャをはじめとして、ジャニーズに好きだと思える人たちが今でもいるからだ。もう自担がいないのに未練がましくジャニヲタを続けたくないと思ったこともある。けど、今でも好きだと思えるものを、無理に辞めようとする必要もないのではないかという結論に落ち着いた。

無理にジャニヲタを辞めなくていいと思った理由はいくつかある。拡輝がいなくなったショックで、ジャニーズのことを考えたくないと思い、他に楽しそうなことに興味を向けてみた。元々好きだった女子ドルの現場と、気になっていた舞台。女子ドルについては、ちょうどこれからコンサートに行こうと思った段階で、好きだった子が卒業を発表した。一推しではなかったけど、今の推しと同期で、ずっと一緒に活動をしていた子だ。それも、拡輝がジャニーズを離れたのとほぼ同じ理由での卒業だった。卒業までまだ時間はあるけど、今でも寂しくて寂しくて堪らない。
気になっていた舞台については、数公演申し込んだが全部落選だった。ああ、こういう運は去年使い果たしてしまったのかと思った。結局、ジャニーズ以外の楽しいことを探そうとした結果、それらのオタ活も上手くいかなかった。すごろくで振り出しに戻ったような感覚だった。

それともう一つ。百名さんの俳優としての活動を応援したい気持ちはあるのだけど、やはりどうしても今回の舞台について、自分の中で納得がいかない点がある。これは前の記事に詳細は書いたので省略する。舞台の内容の良し悪し以前のこと。もちろん行きたい気持ちはある。チケットが欲しい。けど、百名さんの活動を見たいからという理由抜きにしても、もやもやした気持ちが残る。今まで拡輝を見ていた人だけじゃなく、これから百名さんのことを沢山の人に知ってほしい気持ちがある。応援したい、活動を見たいという気持ちがあるからこそ、その舞台に対してもやもやした気持ちがあることが悔しい。考えても楽しみな気持ちよりネガティブな気持ちの方が上回ってしまう。

約半月前にジュニア情報局の好きなタレント名を変更した。変更したいと思った経緯については過去の記事に書いたのでここでは省略する。
ジャニーズに好きな人は沢山いて、特にトラジャのことは全員好きだし、情もある。拡輝がジャニーズで関わってきた人たちの中で、嫌いな人なんて1人もいない。その人たちのことが好きだから、できることなら皆が幸せになってほしい。では、その中で1人、好きなタレントに挙げる人を選ぶなら、と考えた。拡輝を担当に決めた時のように、感覚で決めることはできなかった。だから理屈で考えてしまった。過去の映像を見返したり、雑誌のテキストを読み返したり。その中で、アイドルとして、パフォーマンスはもちろん、言葉の選び方やセンスが自分の中でしっくりくると思って、1人を選んだ。彼のことを見ていると楽しいと思った。
選んだ理由はもう一つある。Jr.なんて所詮は個人勝負の世界だと思う。Jr.の括りやグループは儚くて、いつ増員や減員があるか、ましてや解体されるか分からない。でも、やっぱり一緒に仕事している仲間のことを大事にしてくれる人は、贔屓目なんだろうけど好きだなあと思う。人と人との繋がりを大事にしていること、その為に自分がどうすればいいのか考えていることが伝わってきて、そういう部分が好きだなあと思った。メンバーのことが好きだと公言している人は他にも沢山いる。けど、拡輝がいなくなる直前の雑誌のテキストで「トラジャの顔になりたい」と話していて、すごく嬉しいと思ったし、その言葉を信じたいと思った。
拡輝の担当だった時の気持ちとは別物だから、この時は「ジャニーズで今一番好きな人」と思うことにした。

ふわふわした気持ちを抱えながら、Jr.祭りの大阪公演に入った。
拡輝がいなくなってから今まで、次々とJr.の仕事が決まる度に「ここに拡輝がいればどうなっていたんだろう」と思った。公式の団扇が発売されると決まった時、雑誌の連載でトラジャのターンが回ってきた時、新しい楽曲のパフォーマンスをした時。拡輝は自分でジャニーズを離れることを選んだのだから、考えてもどうしようもないのは分かっている。でも自然と頭で考えてしまって、1人で勝手に落ち込んでいた。
公演が始まるまでは不安だった。けれど、公演が終わると、楽しかった気持ちしかなかった。「ここに拡輝がいれば」なんて考える隙がなかった。それくらいあっさりと、今の状況を受け入れて、楽しいと感じた。
私はトラジャの、本人たちが楽しそうにパフォーマンスしていて、それを見ているオタクも楽しそうで、なんだか同じ気持ちと空間を共有しているような気持ちになれるところが好きで。その、好きだと思える根底にある部分って、グループの形が変わっても変わらないのだと思った。そして今まで拡輝越しに見ていたあれこれを、じっくりと見ることができて、新たに知ることも沢山あった。ジャニヲタをやってて久々に、楽しいという感覚があった。

だとすれば、それが答えなのだろうと思った。
前にツイッターで、担当が辞めてしまった人のブログに「自担は不朽の名作」と書いてあって、それを読んで納得した。アイドルの仲田拡輝は不朽の名作なんだ。いなくなっても、ずっと好きでいていいんだと思った。
それと同時に、拡輝のいなくなったこれからのトラジャのことも好きになりたいと思う。もっと成長する姿を見たいし、拡輝が見られなかった景色を見てほしいと思う。そして、自分の欲になってしまうけど、トラジャのことを引っ張っていってくれるであろう人を一番に考えたい。
もし拡輝が辞めなかったら、自分はこういう選択はしなかった。担当がいなくなった寂しさを埋める為と言われればそれまでだし、もし自分が逆の立場だったとしたら正直嫌だなあと思う。自分がやっていることはそういうことだ。でも、今この瞬間、好きだと思えることは事実で、そういう人に夢を託したいと思った。そしてそれは、拡輝の代わりに選んだという訳ではない。

宮近海斗くんの担当を名乗りたい、と思った。