読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バニラスカイに溶けた

アイドルは劇薬だと思うんだ。

鈴本美愉ちゃんを好きになってしまった。

今回は私の推しである、欅坂46鈴本美愉ちゃんについての話です。

 

まず、私が欅坂46を知ったきっかけは、サイレントマジョリティーのMVだった。ネットで話題だったそのMVを見てみようとYouTubeで検索して見て、一気にその世界観に引き込まれて、そこからじわじわと。

www.youtube.com

その前に欅坂46という名前だけは聞いたことがあって、FNSで制服のマネキンを歌っていたイメージがあったのだけど、あぁ乃木坂の妹分なのか、くらいの認識しかなくて。この時は、特に誰が気になるということは考えなかった。
それから数ヶ月後のサイマジョMVを見て、真っ先に気になったのはセンターの平手友梨奈ちゃん。サイレントマジョリティーという曲は、平手ちゃんが圧倒的なセンターとして演出されているから、当然といえば当然。平手ちゃんってかっこいいなあ…、まだ中学生なの!?と気になりつつ、もっと他の子のことも知りたい!と思って調べたところ、まず辿り着いたのはYahoo!の自己紹介動画だった。

当時、Yahoo!で検索すると、YouTubeでメンバーそれぞれの自己紹介動画が表示されるというこの企画。一通り全員見ました。やはり平手ちゃんは中学生と思えないくらい喋り方がしっかりしてて、センターに抜擢されるだけの逸材なんだなあと。他に気になったのは今泉佑唯ちゃん、志田愛佳ちゃん、長沢菜々香ちゃん。今泉ちゃんは正統派アイドル感があって可愛い。志田ちゃんは美形で笑った顔が可愛い。菜々香ちゃんはおっとりしているオーラが可愛い。この時はまだ推しが誰かなんて考えていなくて、ぼんやりと、この中なら菜々香ちゃんが気になるなあと思っていた程度。東北出身だし、ちょっと癖があるところも良いなあと思って見ていた。

もっとメンバーのことを知りたい!と思ったものの、この時は情報を得る手段がほとんどなくて。地方だからレギュラー番組は放送がありません。チケットが当たらないのでイベントにも行けません。という訳でとりあえず、メンバーのブログを毎日読むことにした。沢山更新してくれる子は自然と顔と名前とキャラクターを覚えていったから、ブログの存在って大事なのだと思う。

少し話が逸れるけど、欅坂を知った当時は、どちらかというと美愉ちゃんのことは苦手だった。坂道グループって、清楚な子達の集まりというイメージがあったから、美愉ちゃんのギラギラした雰囲気はあの中で良くも悪くも浮いているなあと思っていたし、なんでこの子がフロントに選ばれたんだろうと疑問に思っていて。サイマジョMVの美愉ちゃんのソロカットは目力が強くて惹きつけられたけど、推しにしたい!というほどの決定打まではいかなかった。

f:id:kitty_38t:20170216215827j:plain


そんな私の考えを覆したのが、サイレントマジョリティーのライブ映像。これも確か動画サイトで見たはず。平手ちゃんのセンターとしての勢いはもちろんすごくて、ゆいちゃんずの2人の歌の安定感と、渡辺梨加ちゃんのビジュアルの美しさに圧倒されつつ。でもその中で強く印象に残ったのが、美愉ちゃんのパフォーマンスなんです。ステージに立つと人が変わったようにキリッとした鋭い目つきになって、体の小ささを感じさせないくらいダイナミックに踊る。MVではあまりピンとこなかったのに、ライブ映像で見るとこうも違うのか、と驚いた。けどどうしても、あのギラギラした雰囲気が苦手で、美愉ちゃんのパフォーマンスは好きだけど、推しにするのはちょっとなあ…と、まだここでも心が揺らいでいた。

その時ちょうどセカアイの発売が決まって。カップリング曲の語るなら未来を…のMVを見て、美愉ちゃんのダンスにまた惹きつけられた。正直あまり目立つ位置にいないのに、美愉ちゃんのことばかり目で追っていた。

www.youtube.com

確かこの頃美愉ちゃんが前髪を作ったんだよね。雑誌のovertureに載っていた美愉ちゃんが可愛くて衝撃を受けた。きりりとした眼差しと、黒髪に清楚な白衣装がとても似合っているので、気になった方は是非(笑)

twitter.com


それから、この時期は多忙だったせいなのか、美愉ちゃんは体調不良でしばらく仕事をお休みしていた。休む前の歌番組の収録もキツそうな顔をしていたから、疲れが溜まったのかな、と思う。この時のことは本人も口にしないし、周りも触れようとしないから、全く探る気はないのだけど。ただ、美愉ちゃんがいない欅坂を見て、寂しいと思った。大人数のグループだし、1人抜けたくらいじゃ何も変わらないと思っていたのに、美愉ちゃんがいないことを意識してしまった。
この時初めて、私は美愉ちゃんを推したいと思うほど好きなのだと気が付いた。

それからはのめり込むように、美愉ちゃんのブログをチェックして、雑誌も出来る限りチェックするようになった。美愉ちゃんを推し始めてから気づいたことが沢山あった。

まず、強気な見た目なのに、実は人見知りだということ。なかなか人に心を開けない内気な性格だった。個人的に、ねるの誕生日にプレゼントを直接渡すのではなく、部屋のドアの取っ手に掛けたエピソードが好きだ。心を許した人に対してはおしゃべりになるところも、可愛いなあと思う。

それから、いちいちリアクションが大きいところ。バラエティを見ていると、美愉ちゃんのリアクションが大きいことが分かる。ご褒美の食べ物を食べている時は誰よりも美味しそうな顔をするし、驚いた時は誰よりも目を見開いている。話がうまいとか、芸があるとか、そういう要素はないけど、美愉ちゃんはとてもバラエティ番組に向いている子だと思う。

f:id:kitty_38t:20170216220548j:plain

夏に何度か東京に泊まる機会があって、そこで徳山大五郎のドラマを見て、美愉ちゃんの演技が好きだということにも気が付いた。元々、パフォーマンスでの表現力は抜きん出ていると思っていたけど、歌やダンスの要素がないドラマでの芝居を見て、一層実感した。ドラマを見ながら、美愉ちゃんの演技にいい意味でイライラさせられた。もっと美愉ちゃんの演技を見てみたいと思った。

f:id:kitty_38t:20170216220739j:plain

ダンスとかお芝居とか、好きになる要素は沢山あるのだけど、私が美愉ちゃんを推せる!と思う一番の理由は、美愉ちゃんが自分のパフォーマンスに絶対的な自信を持っているところだ。48グループは、握手会を行うことでファンと近い距離で会えることをコンセプトとしている。そこから派生した坂道グループも、もちろん握手会という制度がある。個別握手会は指名制だから、人気のある子から完売する。だから、握手会でファンを獲得するために努力している子が多い。もちらんそれは悪いことじゃなくて、売れるために必要なことの一つだと思う。
けど、美愉ちゃんの場合、握手会での接触ではなく、ダンスを中心としたパフォーマンスに努力の比重をかけている。ダンスは誰にも負けたくない、と雑誌で宣言していた。自分が得意とすることについて、ここまではっきり言えるのがかっこいいと思ったし、更に上を目指そうとしているところは素敵だと思う。
握手会のほとんどは東名阪で開催されるから、どうしても地方に住んでいる自分はなかなか都合がつけられず、行ける機会が少ない。応援スタンスの違いだと思うけど、だから、握手会を楽しんでほしいというタイプの子は、私の推しだ、と名乗ることができない。

あとは本当に個人的なことなのだけど、私はジャニーズとハロプロも好きで、そこで推してる(担当にしている)人たちは、顔じゃなくパフォーマンスを見て好きになった人たちだから、どうしてもパフォーマンスを見て惹かれる子を好きになってしまう傾向があるのだと思う(笑)

これからも美愉ちゃんと欅坂のことをもっと知りたいし、好きでい続けたいと思う。美愉ちゃんに沢山活躍の場が訪れますように。