バニラスカイに溶けた

アイドルは劇薬だと思うんだ。

アイドルオタクと就活


最近TLで就活関係のツイートを目にすることが多くて、もうそんな時期なのかと懐かしく思った。自分は現在社会人1年目で、就活をやっていたのは昔の話になるのだけど、その時のことをふと思い出したので、アイドルオタク(ジャニヲタ、女子ドルオタ)という視点からまとめて書いてみる。就活のハウツーなんてものは全く出てこないので、そういう類の文章を求めてる人は回れ右。

 


<就活を始めた頃の話>

就活を始めたのは大学3年の12月だった。大学ではそれより前からセミナーを開催していたり、意識の高い子はインターンに参加したりしていた。
しかし自分は意識の低いクズなオタク大学生だったので、そういうものは何も参加していない。自己分析もほとんどやってない。しいて言えば、やっていたのはとりあえず最低限のニュースを見ること。テレビ、新聞、ネット、あらゆる面から物事を見る。偏った面から物事を見ないで、様々な角度から捉えて自分の考えを述べられるように。それと自分は文章を書くのが苦手だったため、外部主催のESの書き方のセミナーにだけは参加した。文章の組み立て方とか、相手に受け入れてもらいやすいネタ探しとか。わざわざ忙しい暇を割いてセミナーに参加しようとは言わないけど他大学や専門に通う人たちと情報交換できる機会って貴重。
あとは就活よりも、とにかく単位を落とさないための最低限の授業の出席と、バイト(笑)オタクはお金がかかるし、就活がうまくいっても卒業できなきゃ意味がない。

先に結論を述べてしまうと、私の場合は就活だからといって現場に行くのを我慢したり、オタ活から遠ざかることは、かえってストレスが溜まって逆効果だった。オタクをやめたいと思っているのなら構わないけど、そうでないのなら行きたい現場には無理せず行くのがいいと思うし、きちんとメリハリをつけていれば両立だってできると思う。就活は全てが努力でうまくいくとは限らないし、運とかタイミングも大事だと思うから、自分が好きな物を全て断ち切ってやるのはどうなんだろうと思う。(人それぞれだとは思うけど)


<大変だったこと>

就活とオタ活の両立で大変だったことは、何よりお金がかかること。元々飲食店でバイトしていたのだけど、就活を始めると、突然企業訪問の予定が入ったり、選考に進むと試験があったり、予定が不規則になるから、出勤日が固定の長期のバイトは続けられなかった。定期的な収入がなくなることはなかなか痛手だったりする。自分の周りでも長期のバイトは続けられなくて辞める子が多かった。
とりあえず単発の派遣バイトをいくつか掛け持ちしたけど、やっぱり長期のバイトと比べると収入は減ってしまう。就活の時期に入る前にはお金を貯めておいたほうがいいことを学んだ。

次に大変だったのが予定の調整。急遽面接や試験が入ることが多くて、すでに確保してたチケットの交換を探さなければならないことがよくあった。これは対策しようがないので、ある程度は予定がずれることを覚悟しておくしかないと思う。朝に大学で小論文の添削をやってもらってから午前の授業に参加して、昼休みに新幹線で東京に向かって夜公演に入る、そして次の日は面接、なんてこともよくやってた。

あとは時間に追われて気持ちに余裕がなくなって、メンタルが弱ることもよくあった。同じクラスの子達が次々と内定を取っていくのを見ると焦るし、コンサートや舞台の予定は次々と決まるのに、自分の予定が分からないせいでチケット確保できないし。そういう時は一緒に就活をやってる友達よりも、オタクの友達と話すようにしていた。学校の友達と話すと、どうしても就活の話題が付きまとうし、相手に気を遣ったり使われたり、自分にとってはそれがストレスになったので。


<アイドルオタクが役に立ったこと>

オタクやってて就活で少し役に立ったこともある。自分はあちこち遠征する機会が多かったため、電車の乗り換えや地図を読むのは割と得意だった。行ったことない場所にも割と時間に余裕を持って辿り着くことができた。

それと、初対面の人とでもすんなり話ができたのも、オタクをやっていたからこそだと思う。初対面の人と話をする機会ってなかなかないし。グループディスカッションなどは、とにかく発言しなきゃ相手の印象に残らないから、話の輪にすんなり入っていけることが大事だと思う。

少し話が脱線するけど、依然グループディスカッションをやった際、一緒の班の人が自己紹介で「旅行に行くのが趣味です。最近は大阪、京都、北海道、富山に行きました」と、某グループのツアー開催地を話していたためジャニヲタだとばれたので、あまりその類のことは話さないほうがいいと思うよ…。


<その他>

自分の場合は企業の事務職、マスコミ、広告や印刷の営業など、これといって条件を絞らず興味のあるところを受けていた。自分に何が向いているのかなんて、その仕事をやってみないと分からないし、あとは企業とのご縁があれば、くらいの気持ちだった。
ちなみに今働いている会社は日曜祝日休み(土曜はたまに出勤)で内勤。当時は土日祝休みの方がコンサートに行きやすいと思ったのだけど、今思うと平日休み取れる人が羨ましいなあと思う。シフト制の会社で働いている人の話も聞くけど、新人だと希望通りの休みが取れなかったり、どこに行っても不満はあるのだと思う。


<余談>

就活をやっていた大学4年の春は某ジャニーズのデビュー組の担当だったけど、内定の連絡を貰ったその日に、友達からある舞台の公演の当選の連絡が来て、結果その公演に入って今の担当のJr.に降りました。就職したら自然とオタ卒するのかと思っていたはずが、今でもオタクをやめられません。人生何があるのか分からないので、これから就職を控える人はよく考えて行動しましょう、というアドバイス。