バニラスカイに溶けた

アイドルは劇薬だと思うんだ。

勇者になった君の話

宮近くん、21歳の誕生日おめでとうございます。自担の誕生日というとソワソワするし、何か準備したいと思うけど、結局何もできなくて焦っている。(これを書いている現在21日の21時30分。)

本当はサマパラの感想とか、それを踏まえてメンバーそれぞれのことも書きたいけど、下書きに溜めたまま気がつけばこんな時期になっていたので、誕生日ブログなんて大それた内容ではないけど、現時点で抱えている感情を吐き出しておく。

続きを読む

宮城セキスイハイムスーパーアリーナ攻略法

宮城に住んでいるとよく聞かれる「セキスイハイムスーパーアリーナはどうやって行けばいいの?」という質問について、簡単にまとめてみました。
会場の雰囲気とか周辺の地理についても知ってる限り書いておきます。

セキスイハイムスーパーアリーナはジャニヲタとして何度も行ったことがあり、また学生時代バイトでも通っていたので、普通の人よりは詳しいと思いますが、抜けてる情報があったらその時はすいません。

続きを読む

「ありがとう」って言わせてよ

自分たちだけ一方的にありがとうって言うけど、こっちだって言いたいんだよ。そんなのずるいよ。公演が終わって、真っ先に頭に浮かんだことだった。それくらい楽しくて、あっという間で、ありったけの愛を手渡されたような気持ちになった。
公演のレポは散々既出だと思うから、なんとなく個人的に、一人一人について感じたことの備忘録。
去年の今頃に書いた記事と、変わったり、変わらなかったり。

続きを読む

地方出身アイドルと地方住みオタクの話

自分の地元に好きなアイドルがコンサートで来るのは嬉しい。関東圏と違って、こんな田舎にアイドルがコンサートで来るなんて、ツアーがある場合は半年から一年に一度だし、ツアーが定期的になければいつ来るのかすら分からない。いつもは新幹線や飛行機を使い、時間をかけて会場に行くが、電車やバスだけですぐ会場に行くことができる。*1いつもの見慣れた地元の駅に、ツアーグッズを持った人たちが歩いている光景を見るとわくわくする。何より、自分が好きなアイドルが、自分のすぐ近くにいると思うと、少しだけ浮かれた気分になる。まだ自分が学生で現場にほとんど行けなかった頃、地元にアイドルが来るということは、ちょっとしたお祭りのようなものだった。

*1:地方だと中心部から会場が離れているせいで余計に移動時間がかかることもあるけど

続きを読む

それでもアイドルに夢を見る

私はアイドルに夢を見ている。夢というと漠然とした言葉になるけど、例えば疑似恋愛や理想の異性のように考えていたり、1人の人間の成長過程を楽しんだり、デビューして欲しいとか大きな仕事が欲しいという理想を押し付けていたり。そうやって、自分にとって都合がいいように考えて、勝手にアイドルの綺麗な部分だけを見て、そのためにお金と時間を使うことに満足している。

続きを読む